Author: futi

Harvard Summer School

私は2019年度のハーバード・サマースクールに参加しました。7週間のコースで、授業は「Political Communication」「Political Economy of Russia and China」の2つを受講していました。前者はアメリカ政治とメディアの関係についての入門的な講義でしたが、メディアと政治の関係性に関する理論から勉強することができ、かつアメリカで重要なメディアのプラットフォーム(新聞、テレビ番組、Talk Radioからコメディ番組まで)の役割について網羅的に勉強することができて大変面白かったです。後者の授業はその名の通りロシアと中国の政治経済についての授業でした。普段東大でも中国政治について学んでいるので、中国に関してはあまり新しい知識はなかったのですが(笑)、ロシアについても中国と比較しつつ学ぶことができて有意義でした。また、アメリカの大学の政治系の授業はアメリカ人学生がほとんどなイメージでしたが、このクラスは非常に国際色豊かなのが嬉しかったです。アメリカ的な中国脅威論に染まることなく議論できたのが印象的でした。 普段からアメリカ政治は興味を持って情報を追っていましたが、やはり実際にアメリカに滞在して、政治に関する授業を受けるというのは得られる情報が桁違いに多くて面白かったです。特に、アメリカ大統領選の民主党候補のディベートが始まった頃でしたので、大学の一部の施設を使ってディベートの上映会をやっていたり、次の日の授業もその話題から始まったりと、リアルタイムで情報が追いやすかったです。というか、リアルタイムで追っていないと授業や友達の会話についていけないというプレッシャーもありましたが…。 ハーバード周辺は治安も良く、街も綺麗だし、大学の周りにお店もたくさんあって非常に住みやすかったです。ボストンまでも電車で3〜4駅で、出かけるところには困りませんでした。また、私は2年生の時にカリフォルニアに留学していたのですが、今回は東海岸に滞在してみて、西海岸と東海岸の雰囲気の違いを体感することもできました。ハーバードでは寮生活で、ルームメイトとはとても仲良くなることができたものの、寮に共有スペースがほとんどなかったため、2年時の留学と比べると友達を作るのは少し難しく感じました。ただ、そんな中でもダイニングで隣の人に話しかけられたり、同じ東大からのサマースクール参加者から交友関係が広がったりする中で、サマースクール後も連絡を取り合う友人ができたのは幸いです。 今回FUTI奨学金を頂いたおかげでハーバード・サマースクールに参加することができ、貴重な経験をすることができました。ご支援くださった方々には大変感謝しております。本当にありがとうございました。

Ms. Tiffany Pang, 2011 recipient of the FUTI Global Leadership Award, named one of Forbes’ 30 Under 30 Social Entrepreneurs

Tiffany Pang, co-founder and CEO of Appledore, Inc., a company that creates Outreach Grid, a software program for government agencies and non-profits to collaborate to end homelessness, was recently selected for Forbes’ 30 under 30 Social Entrepreneurs list. Tiffany was chosen from more than 15,000 nominees described by the journal as “revolutionaries…changing the course –and…
Read more

Team N of the Molecular Recognition Lab

On February 26th, I was accepted to participate in the University of Tokyo Summer Internship Program (UTSIP) in the Kashiwa campus. As I reflect months later, I am beyond thankful to have been able to experience such an insightful and fulfilling internship with the Molecular Recognition Lab. Fast forward several months, on July 23rd, I…
Read more

Managing Currency Risk :How Japanese Firms Choose Invoicing Currency

January 30, 20195:30 p.m. – 8:00 p.m. Tiger Pacific Capital, 101 Park Avenue, 33rd Fl, New York, NY 10178 This lecture will be in Japanese 伊藤隆敏先生のご講演と懇親会 タイトル:「日本企業の建値通貨選択と為替リスク管理Managing Currency Risk :How Japanese Firms Choose Invoicing Currency」 コロンビア大学教授(兼)政策研究大学院大学(夏季)特別教授でおられる伊藤 隆敏教授が共著された、『Managing Currency Risk』が第62回日経・経済図書文化賞を受賞されました。受賞を記念して伊藤教授を囲む講演・懇親会を企画致しました。 皆様、是非御参加ください。お友達、ご家族の参加も大歓迎です。教授はコロンビア大学School of International Public Affairs (SIPA) でProfessor of International and Public Affairsをしておられ, また、東大友の会の理事もされています。 非常にタイムリーなテーマであるため、皆様からの質問も多いと思われますので、質疑応答の時間も十分に取ってございます。 <記> 日時:2020年1月30日 [木曜日]…
Read more

FUTI is pleased to welcome Prof. Takatoshi Ito and Mr. Junji Takegami as new Board members, and announces additional responsibilities for Board members

At the Board meeting held on September 28, 2019, the FUTI Board appointed Prof. Takatoshi Ito, Columbia University, and Mr. Junji Takegami, co-founder and advisor, Tiger Pacific, as Board members. They both had served as Advisory Committee members prior to these appointments. FUTI Board also announced the following additional responsibilities for the following Board members:…
Read more

Research with Dr. Hiroaki Suga through UTRIP

by Max Sigal Thanks to the generous help of Friends of UTokyo, Inc., I had the opportunity to conduct research with Dr. Hiroaki Suga through University of Tokyo Research Internship Program (UTRIP) for 6 weeks. I am currently senior at Northwestern University studying organic chemistry and cell biology, and I research nanoparticle drug delivery with…
Read more

A Summer in Tokyo

by Jenny WangAugust 2019 This summer, I spent two months conducting research at the University of Tokyo’s International Research Center for Neuroscience (IRCN). I worked in the Hensch lab under Dr. Miyamoto, examining chloride ion dynamics in mice during their sleep and wake cycles. I really loved doing research at IRCN; everybody working there was…
Read more

Elective Clerkship Report

by Yusuke Takahashi 2019 M44 月 23 日 -6 月 15 日 Harvard 大学 §1 はじめに 2019年4月から6月までの7週間、米国ボストン・ハーバード大学および関連病院での 研究留学を経験する機会をいただきました。このような長期間の海外滞在は私ははじめてで、様々な面でたくさんの方々のご支援をいただきながら、大変有意義な7週間を過ごすことができました。 本留学は東京大学ニューロインテリジェンス機構(以後IRCN)の方々に生活面に至るまでご支援いただき、私が個人として行った準備は結果的にそこまで多くありませんでしたので、具体的な面は他の皆様の優れた報告書をご参照いただければと思います。一方で、私にとって本留学は米国のアカデミアのフィールドワークとしての意義が大きいものとなりました。従いまして、本レポートでは具体的な準備面よりは、エレクラの期間を使って海外で研究を経験する意義などに力点を置いて、私の主観的な体験を元に述べたいと思います。 研究留学を検討している方、エレクラ期間の全般的な過ごし方に悩んでおられる方、ボストンで関心のある研究室がないか探している方など、少しでもお力になれそうな方がいらっしゃれば、気軽に国際交流室の皆様、もしくは私の学年の誰かを通じて私までご連絡いただけますと幸いです。2019年にHensch先生の研究室を訪問したM4学生、といえば一意に定まると思います。 §2 準備 私は、ケアの臨床実践における社会・文化的背景の関与と語り(このような学問分野は臨床現場のフィールドワークから立ち上がったもので、医療人類学と呼ばれています)にかねてより関心があり、後述するArthur Kleinman先生らのもとで勉強・研究体験ができないか、日頃お世話になっている先生方とご相談しつつM2の2月ごろより検討を進めておりました。しかし、エレクラで与えられている期間は数ヶ月と限られておりフィールドワークには向かないこと、日本の一医学生が参加できそうな枠がないこと、渡米可能な期間(M3夏の時点で4月半ばと6月後半にそれぞれ学会での発表予定が入っており、海外にはその間の二ヶ月強しかいられませんでした)がちょうど米国の学期末であり、コースワークに参加することが難しそうなことなどから諦めていました。一方、海外で臨床実習をするつもりは当時はなく、M3の9月に行われた海外実習の面接には参加しませんでした。そこで、9月から11月頃までは国内の僻地医療のフィールドワークの計画を練っておりました。そのような矢先、11月半ばに、今回の留学のお話がUTASで回ってきました。 今回のプログラムは、2017年10月に創立した新しい機構であるIRCNおよび医学部・ 医学系研究科国際交流室が手配してくださったものです。 11月末までに応募用紙を提出しました。なお、応募書類は事前に日頃よりTuesday Lunchなどでお世話になっております国際交流室のChristopher Holmes先生に英語面のチェックをお願いし、快く校正していただきました。その後12月頭に学内面接があり、初年度となる本年は4名が選抜され、その一人として選んでいただきました。その後IRCN機構長であるHensch先生との面談が12月半ばにあり、2月半ばに許可のご連絡がありました。 【CV, personal statementを書こう】 11月に提出した応募用紙ではハーバード大学内の興味のある研究室のほか、英語試験の点数、過去の研究実績(publication,学会発表)およびpersonal statement(応募動機、研究計画など)を記載する欄がありました。学内面接での選抜では、学科の点数(基礎医学と臨床医学の主要科目とCBT共通試験の点数)、応募書類、英語面接の点数及び日本語面接の点数1:1:1で評価いただきました。 私にとっては、本プログラムへの応募に伴いM3の年末のタイミングでCV, personal statementを英語でまとめたことがその後様々な場面で非常に役に立ちました。自らがどのような医学部生活を送ってきたのかを振り返ることができたと同時に、その時点でやりたいこと、知らないこと、勉強したいことを熟考し、言語化することができました。このような機会は、他学部の学生には就職活動や大学院進学の選択の際に与えられていると思いますが、医学部では殆どないと思います。また、ここでまとめた将来の展望は、現地で様々な研究室にお邪魔するアポイントメントを取る際にコミュニケーションを取る上でも活用できました。 従って、IRCN経由ではなく個人で留学をする場合にも(研究でも臨床でも)、A41枚程度で興味のあること、研究したいことと今までの経験をまとめておくと良いと思います。その際、今までの研究実績(その有無も含め)とこれからやりたいこととの間に一貫性・ストーリーがある必要は必ずしもありません。私はどちらかというと行き当たりばったりで大学生活を送ってきており、一貫したストーリーとして自らの大学生活をアピールする作業が苦手で、長期的な計画に則って着実に様々なプロジェクトを進めている友人に対してコンプレックスがあり、自己アピールが必要な場面を敬遠してきてしまいました。しかしながら、現地の研究者は、基本的には、きちんとした流れに沿ったサイエンスができるか、より広く言えば自分の頭で物事をまとめ考えることができるかの基本的な能力があるかどうかを判断しているようで、6年間の一貫性と言うよりも、むしろ一つ一つのプロジェクトにどのように主体的に関与してきたかが問われるように思い、励まされるところが大きかったです。 IRCNからは往復航空券分をご負担いただいたと同時に、個々人の興味と希望に合わせて大まかな滞在先の研究室をHensch先生に斡旋いただき、また教授秘書のGiselle様のご 尽力で現地で滞在する宿泊施設もご手配いただきました。ボストンは比較的地価が高く、手の届く値段での滞在先を確保することが難しかったため、大変助かりました。 奨学金は、大坪修・鉄門フェローシップより、また東京大学友の会(Friends of UTokyo: FUTI)より生活費の補助を頂きました。後日、FUTI関係の皆様には、帰国後の成果報告会にお越しいただき、激励いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。 §3 実習前 4月頭にはエレクラの一環として、国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター(堀越勝先生・平林直次先生)ならびに東日本矯正医療センター/東日本少年矯正医療・教育センター(関口陽介先生)にて司法精神医学の実習の機会を頂戴いたしました。思春期の脳発達に関する分子・細胞レベルからのtranslational approachを学びたいというモチベーションで留学を申し込みましたが、個人的には社会的なアプローチにも関心を持っていたこと、米国と日本との臨床の状況の違いを把握しておきたかったことから、様々な規制もあるなか無理を言ってお手続きいただき、お願いいたしました。コーディネートしてくださった関口先生と教務係の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。 これらの施設では、医療観察法病棟の見学や、認知行動療法外来の見学をさせていただき、社会的に困難な状況に置かれている方々に対する面接の基本的な態度を教えていただきました。アメリカで様々な方々と話していると、メンタルヘルスに関心のある層は社会的な文脈に関心が強く、薬物依存や犯罪に対してどなたも何かしらの自分の意見を持っているように感じました。日本における司法精神の状況を見学したことは彼らと会話する上で大変役に立ちました。 ボストン滞在の一週間前には、乗り継ぎも兼ねてカリフォルニア州バークレーに友人を頼って滞在し、UC Berkeley・UCSF の見学も行いました。UCSF では鉄門の先輩にお話を伺う機会も頂戴いたしました。おおまかにではありますが西海岸の研究文化を知ることができ、相対化して東海岸のアカデミアを見ることができた点で有意義でした。 §4 研究生活…
Read more

Clinical Clerkship at Johns Hopkins Hospital

by Yuki Sonoda This spring, with the help of FUTI scholarship, I had the opportunity to do hands-on clinical exposure, elective clerkship at Johns Hopkins Hospital for 2 months. I rotated in Johns Hopkins Orthopaedic Department, Adult Trauma Service and Division of Endocrinology, Diabetes and Metabolism. Johns Hopkins University, one of the world’s greatest hospitals,…
Read more

IRCN at University of Tokyo

by Vanessa Roser This summer, I was fortunate to have the opportunity to conduct research at the International Research Center for Neurointelligence (IRCN) at the University of Tokyo. IRCN takes a strongly interdisciplinary approach to neuroscience research, and I experienced this firsthand by working with both the Takeuchi and Yazaki-Sugiyama Labs on a collaborative research…
Read more